FC山下 Homepageへようこそ!

 

 

-official website-


FC山下は平塚市を中心に活動するサッカーチームです


FC山下の紹介

創部:1984年

FC山下は、サッカーというスポーツを通じ、心身ともに健全なスポーツ人、胸を張って挨拶のできる人の育成を基本方針としております。

サッカーの技術だけでなく、挨拶を始めとして人として大きく成長してくれることを念頭に置き、日々指導に取り組んでおります。

 

サッカーにおいては、単純に前に蹴るサッカーではなく、個々のテクニックを重視し、意識的にボールをつないでゴールを目指すサッカーをしたいと思っています。

 

それは中学校、高等学校に進んだ時に絶対に必要なスキルであり、目先の勝ち負けにこだわらず、将来の子供たちのことを考えた指導を目指しています。



FC山下の特徴

- PLAYERS FIRST -

プレイヤーズファースト「選手第一主義」を基本とし、子供達が自ら考え、行動するサッカーを目指しています。選手同士で問題点を話し合い、自ら解決策を模索していき、それを行動に移す。そんなチームにしたいと思っています。
プレイヤーズファースト「選手第一主義」を基本とし、子供達が自ら考え、行動するサッカーを目指しています。選手同士で問題点を話し合い、自ら解決策を模索していき、それを行動に移す。そんなチームにしたいと思っています。

- 自分のことは自分で -

自分の事は自分でやる!ゴール等の設置・片づけはもとより、家庭でのサッカー用具や水筒の準備・片づけ等も自分で出来るように指導をしております。これも大人への第一歩です。
自分の事は自分でやる!ゴール等の設置・片づけはもとより、家庭でのサッカー用具や水筒の準備・片づけ等も自分で出来るように指導をしております。これも大人への第一歩です。

- 失敗から学ぶ -

人は失敗して1つ1つ物事を学んでいきます。我々は失敗を恐れてチャレンジしないことよりも、チャレンジして失敗することを望んでいます。その失敗から次にどうすればいいのかを子供たちに学んで欲しいと思っています。
人は失敗して1つ1つ物事を学んでいきます。我々は失敗を恐れてチャレンジしないことよりも、チャレンジして失敗することを望んでいます。その失敗から次にどうすればいいのかを子供たちに学んで欲しいと思っています。


FC山下 代表のつぶやき

 

 



 

  

最新ブログ


トレーニングの様子って??

本日は、今日行われました各学年のトレーニングの様子をご紹介します。

まず、写真一枚目から三枚目は園児から1・2年生のトレーニングの様子です。

私がグランドに着いた頃には、ゴールポストを使って縄跳びを行っていました。そしてその後、ボールタッチを開始!!終始観ていたわけではないので私から紹介できるのはここまでですが、トレーニングの中心は「身体づくり」と学年が上がっていくにつれて重要になるボールの触り方を行っているようでした。選手たちはとても笑顔で楽しくトレーニングしていました。

続いて、3・4年生です。

3・4年生のメニューは基礎力向上といったところでしょうか。人間知恵の輪をやったりしながら身体を温め、サーキットトレーニングへ。サーキットトレーニングとは様々なメニューを時間を決めて時間いっぱいメニューをこなすというもの。ドリブルの技術向上のために一生懸命取り組んでいました。その後、キックのトレーニングや1対1をやってミニゲームを行っていました。コーチいわく、コンセプトは「明るく・楽しく・ポジティブに!」だそうです。笑い合いながらトレーニングしていました。

5・6年生は、先日の試合で見えた修正点からトレーニングしていました。

まずは、ボールを持っている人が鬼にタッチされないようにパスを回すメニューでした。その後、「観る」トレーニングからシュート練習、ミニゲームという流れで、一貫してボールが無い時に何を観るのか、観ておくのか、自分がそして味方が慌てないために何ができるのかというところでトレーニングをしていました。

 

各学年、選手たちが飽きないように様々なメニューを用意しトレーニングをしているようです。

 


0 コメント

平塚選手権大会

久々のブログ更新です。なかなか更新できず済みません。

選手たちの活動は代表のブログにも掲載されていますのでそちらも併せて閲覧していただければと思います。

観戦に行けなかったので写真等無いのですが、5.6年生が4月から戦っていたFAリーグの後期リーグで1位通過を果たし、県大会へ出場しました。結果は敗戦となりましたが良い経験が出来たのではないでしょうか。

さて、朝の冷え込みが強くなってきました。風邪などひかないようにしっかり防寒対策をしていきましょう!!

(一枚目は今朝方の集合の時の写真です。とっても寒かったです(笑) )

平塚選手権に5.6年生が行ってまいりました。まずは結果から…。

 

VS松原 4-0 ○ (M.Kくん、S.Tくん、K.Yくん×2)

VS金目 0-3 × 

 

という結果になりました。ここの所のトレーニングでは、「観ておく・観て判断」と「声を出す」ということをやっています。特に今日は「声を出す」という所に私は注目をしてみていました。

すると、一試合目随所に声を出している選手をみることができました。今までなかなか二つの事を試合になると出来ない選手もディフェンスに入りながら声を出していたり、周りをみて声をだすなどできていたのではないかなと思いました。しかし、サッカーはそれだけが出来ていればOKなスポーツではありません。そのほか今までトレーニングしたことが出せなければなりません。二試合目になると途端に声を出している選手がいなくなります。(ただ私の所に聞こえていないだけかもしれませんが)

 

二試合目は、攻め続けられることに焦った選手たち。思うようにプレーが出来ず、敗戦となってしまいました。

 

私の見立てですが、相手が出来ると極端にできなくなる、焦るというのはわからなく有りません。しかし、コーチたちは代わりに戦うことはできません。ピッチに立った選手がやるしかないんです。

それが出来るように私は声をかけれるようにしたいと思います。

 

この敗戦から選手たちは何を学び、変えようと思うのか明日のトレーニングで見ていきたいと思います。

私もまだまだサッカーを知らなくてはならないとここ最近感じています。選手と同じように指導者も学び続け、選手が満足し上を目指せる環境を作っていかなければなりません。周りのコーチの力をお借りし、インプットとアウトプットを繰り返していきたいと思います。

 

6年生は残すところ大会が3大会となりました。後悔を少しでも減らせるようにトレーニングしていってもらいたいものです。

 

山下小Gに戻ると1年生から4年生が寒さに負けず練習をしていましたその様子もアップ出来たらと思います。

 

体験・入部も随時受け付けていますので気になる方いましたら、練習スケジュールを確認の上、グランドに来ていただければと思います!

 


0 コメント